耳鳴りやめまいが起こるメニエール病とは【健康を維持する秘訣】

病院は治療ができる

患者

世田谷区で内科を利用する場合、ドクターがこちらの話をしっかり聞いてくれるのか見ておくといいでしょう。このサービスは体の不調を改善してくれるのですが、その際保険が適用されるので安く利用できます。なので多くの人に人気があるのです。

詳しく見る

旅先での病気やケガ

看護師

千葉県浦安市は観光客が多く、夜間診療のニーズも高い地域です。夜間診療を行っている病院やクリニックは、ネットで調べたり、ホテルのフロントで教えてもらったりできます。旅先の病気やケガは不安なものですが、良い医師をみつけることができれば安心です。

詳しく見る

めまいが起こる疾患

苦痛

原因と予防

メニエール病とは、めまい、耳鳴り、難聴、耳の閉塞感などの症状が現れる内耳の疾患のことです。めまいが起こる疾患として最も有名ではありますが、実際の発症数はあまり多くはありません。通常は片方の耳だけに発症しますが、稀に両方の耳に発生する場合もあります。メニエール病とは、内耳内のリンパ液の増加によって起こるものです。なぜそのようなことが起こるのかという原因は明確にはなっていませんが、ストレスや疲労が蓄積されている人に発症しやすい傾向にあることがわかっています。ストレスや疲労以外にも、睡眠不足、気圧の変化、元々の性格なども関係していると言われています。なので、メニエール病を予防するためには、ストレスをうまく発散することや、睡眠をしっかりとって身体を休めることなどが重要となります。

症状と特徴

メニエール病とは、めまいが起こる疾患のことです。メニエール病で見られるめまいは激しい回転性のめまいになります。めまいの症状が現れる時間は数十分から数時間と非常に長く、耳鳴りを伴うことも多いと言われています。症状が軽度の場合にはめまいや耳鳴りだけが現れますが、症状が進んでくると難聴、吐き気、平衡感覚の異常などが見られるようになります。このような場合には日常生活に支障をきたすことが多く、それにより精神的不安定に陥ることもあります。メニエール病とはめまいが起こるだけの疾患だと思っている人が非常に多く見られますが、実際にはこれらの症状が起こる事も珍しくはありません。むしろ、症状が進行してくるとめまい以外の症状が強く現れることも多くなります。なので、単なるめまいと安易に考えず、なるべく早めに病院で検査と治療を受けるのが良いでしょう。

子供の成長とともに

看護師

子供が大きくなってかかりつけの病院を内科に変えようとする伊丹の人も多くいます。現在の内科の患者は高齢者が多く、子供の成長にあった診療ができるかどうかは期待が持てません。思春期までは小児科にかかるようにしましょう。

詳しく見る