耳鳴りやめまいが起こるメニエール病とは【健康を維持する秘訣】

子供の成長とともに

看護師

思春期までは

子供が大きくなってくると、そろそろ小児科は卒業しましょうということで大人と同じ内科をかかりつけの医師にするかどうか悩んでいる伊丹の人も多くいます。現在のところ内科を受診している患者の多くは、お年寄りの人たちで子供の成長にあった診療ができるかどうかは期待ができません。伊丹の内科の病院でも多くのお年寄りが受診しています。ですから思春期までは小児科を受診したほうが子供の体と心の成長を一緒に見てくれますので安心です。思春期の子供は体も心も未熟で、その時特有の悩みも抱えています。小児科の先生は子供から大人への橋渡しをする役目も果たしてくれています。伊丹でも思春期を迎えた多くの子供たちが小児科で診療を受けています。

子供の成長を見守る

自分自身で医者に説明ができる年齢ならば、親に言えないことも相談ができます。医師は子供の意思を尊重しながら治療を行っていきます。必要があれば子供の状態を親に伝えて、親子の仲介をしながら治療を進めていってくれます。伊丹でもこんな小児科医がたくさんいます。アトピーなどアレルギーや持病があれば、20歳以上でも小児科にかかる人は多くいます。子供のころの症状をよく知っていてくれて、成長にともなう変化にも柔軟に対応してくれます。小児科の医師は親と一緒に子供の成長を見守ってくれています。また親のほうも医師と信頼関係を作っていかなければなりません。子供が大人になってくるときに専門家の意見は大いに参考になってきます。